鬼人正邪は転が怖い 宮古芳香は腐が怖い 赤蛮奇は顔が怖い 鈴仙・優曇華院・イナバは視が怖い 封獣ぬえは嘘が怖い

※キャラクタークリックで各巻一章のサンプル(pixiv)へ飛びます

「恐怖に諦観を覚えた先では

絶望がどこまでも私を待っている」

 反転した世界に嬲られる天邪鬼。
 存在の腐敗に涙する死体。
 真の顔を秘する飛頭蛮。
 己の瞳を御せぬ月の兎。
 嘘偽りに喰われる鵺。
 本来であれば彼女たちが恐怖することはなかったソレ。
 だが、己の有り様ですらあったソレに裏切られたときにこそ、人はソレを「最も恐ろしい」と感じるのだ――。
 少女たちの抱く「最も恐ろしいもの」に着目した各巻完結型・幻想少女恐怖シリーズ総集編第二弾。

  • 初版:コミックマーケット91一日目メ39a
  • 頒布価格:2000円
  • 装丁
    • 文庫776P
    • 内カラー口絵6枚(各巻表紙絵)
  • 収録
    • 鬼人正邪は転が怖い
    • 宮古芳香は腐が怖い
    • 赤蛮奇は顔が怖い
    • 鈴仙・優曇華院・イナバは視が怖い
    • 封獣ぬえは嘘が怖い
    • あるいは某かの観測(書き下ろし50P)
  • 本文:五十嵐月夜
  • 表紙: こぞう
  • 委託: メロンブックス
  • 同時頒布: 『宇佐見蓮子は星が怖い』

購入特典ダウンロードはコチラのサイトから

https://taimen.jp/view/?item_id=2459

※C91にてダウンロードコードの入っていないものを頒布してしまった可能性があります。
お手元の本のカバーを外した裏表紙にコードが入っていな場合はお問い合わせください。

鬼人正邪は転が怖い

 命を狙われていた天邪鬼・鬼人正邪は追い詰められた末、マジックアイテムの魔力を全て使い敵対者の『自分への害意』を逆転させることに成功した。
 好意を持って接してくる元敵対者たち。彼女たちは正邪の過去の行いが正義だったと誤認しきっていた。
 優しくしてくる皆に天邪鬼な部分は唾を吐くが、どこか安心した自分がいるのもまた事実だった。
 だが、元々裏も表もない者たちに変化などない。里の人間に害意を浴びた正邪は、望むべきそれに怯える自分に気づく。逆転した好意に浸かった心には罅が入っていた。
 けれど正邪は知ることになる。正道を外れた逆転によって生じた罅は、己を飲み込むものだと。
 その恐怖は正道であり、逆転という偽りの正道こそ真の邪道なのだと。

宮古芳香は腐が怖い

 暗い場所に閉じ込められている――
 宮古芳香という名を持つということ以外に自分に関する記憶のほとんどを失った少女は己が見知らぬ所にいることを悟る。
 己を求めて、そして己を救える者を求めて彷徨う芳香であったが救われるべき己の肉体は死体そのものであった。
「こんなの化け物以外にありえない」
「私はいつから化生となったのか」
 自分が人間であると信じていた宮古芳香の常識が一歩を踏み出すたびに腐り落ちていく。
 やがて己の存在そのものを腐らせていくようになった芳香は人と人ならざる者の境界で醜く抗う。
 その抵抗自体も腐敗への道のりを進めるものであるというのに。

赤蛮奇は顔が怖い

 人里で暮らす妖怪・飛頭蛮の赤蛮奇は、変わらない日々に飽いた末に陶芸という趣味を見出し、人間に紛れて作った器を売りながら、そこそこ充実した暮らしを送っていた。
 そんな中、自分を遠巻きに見つめる男の存在を悟る。正体に気付かれたか、と彼を捕まえて吐かせたその動機は、赤蛮奇の作る器に魅入られたというものであった。
 器を介して不器用に繋がっていく二人。
 傍から見れば恋仲でしかない生活。
 だが、その関係が歪なものにならないわけがなかった。
 赤蛮奇にとって、自分が妖怪であるという認識は確固たるものであり、他人と触れ合わぬ彼女には顔色を伺うことすら満足にできなかったのだから。
 そして歪な関係は、歪に組み合わされた不可避の未来を形作る。

鈴仙・優曇華院・イナバは視が怖い

 月の兎である鈴仙は、人里へ薬を売りに行ったり、永遠亭で主人の世話をしたり、程々に忙しくも穏やかに暮らしていた。
 ある日、仕事の帰りに妖獣と妖精の喧嘩の仲裁に入った鈴仙は、意図せず彼女らを自分の狂気に冒してしまったことに目の不調を感じ、コンタクトレンズで狂気の視線を抑制することにした。
 しかし狂気の瞳は鈴仙の意思や対策をあざ笑うかのように、部下の兎を、主人の敵を、妖怪たちを狂気に染めていく。
 自分の狂気が彼女らに自分を襲わせる。
 自分の存在理由が自分の手を離れる。
 自分で自分の首を締めている状況に心が耐えられなくなった鈴仙には、頼みの綱にすがりつく他、道は残されていなかった。
 しかしその道は、己の能力に一番詳しいはずの自分ですら分からないという現実を前にして容易く崩れ落ちる。

封獣ぬえは嘘が怖い

 かの伝説の大妖怪・鵺の正体たる封獣ぬえは、久々の地上に恐怖の不足を感じつつも、暇を持て余していた。
 夏の祭の日のこと。正面から祭の意図を挫こうとする魔女にあてられたぬえは、山の神たちを出汁に人々へ鵺の恐怖をしらしめることに成功した。
 人間が正体不明を恐れている。恐怖が私を強くする。だが問題はないはずなのに、ぬえは増大する妖力に不安を覚えていた。
 ――その不安は、的中することとなる。
 身を置いている寺の連中が、自分のことを正しく認識できなくなった。
 正体不明の妖力が悪さをしているとしか思えない前代未聞の事態に、解決を模索するぬえだが、正体不明を襲う正体不明の現象はそれだけでは終わらない。
 ぬえが辿り着いたのは、正体不明を歪める明々白々で絶望的な事実だった。